MENU

Hosoi Laboratory, Mechanics & Strength of Materials Research Group, 破壊力学 Fracture Mechanics, 安全設計 Safety Design, ナノ力学 Nano Mechanics

NEWS

  • 2017年6月6日
    阿部君が国際学会ICM&P2017にてExecellent Poster Presentationを受賞しました。
  • 2017年4月22日
    細井准教授が(公財)船井情報科学振興財団船井学術賞を受賞しました。
  • 2017年4月19日
    細井准教授が文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。
  • 2017年4月5日
    川田研、細井研合同でお花見を行いました。
  • 2017年4月1日
    新3年生が研究室に配属されました。
  • 2016年12月1日
    新3年生向けの研究室紹介を下記の日程で行います。
    第1回:12月12日(月)15:00~ 61号館408教室
    第2回:12月15日(木)14:45~ 61号館406教室
    第3回:12月16日(金)11:00~ 61号館406教室
    (1回の説明会は60分程度を予定)
  • 2015年12月8日
    新3年生向けの研究室紹介を下記の日程で行います。
    第1回:12月14日(月)14:45~ 54号館203教室
    第2回:12月17日(木)13:00~ 63号館405教室
    第3回:12月18日(金)14:45~ 63号館405教室
    (1回の説明会は60分程度を予定)
  • 2015年10月26日
    デンマーク工科大学からProf. Bent Sorensen, Prof. Lars Mikkelsenが研究室を訪問され、特別講演会を開催しました。(題目:Challenges using composite materials for wind turbine blades)
  • 2015年4月19日
    TBSビジョン「未来の起源」に出演しました。
  • 2015年4月17日
    日本機械学会賞(論文)(論文名:層間高靭性化CFRPクロスプライ積層板の繰り返し荷重下におけるトランスバースクラック発生評価)を受賞しました。
  • 2015年4月1日
    科学研究費補助金・基盤研究(C)(研究代表者:細井厚志、課題番号:15K05694)に採択されました。
  • 2015年4月1日
    科学研究費補助金・基盤研究(B)(研究代表者:川田宏之先生(早稲田大)、課題番号:15H03895)に採択されました。研究分担者として参画します。
  • 2015年3月4日
    日経産業新聞に研究記事(加熱・急冷で亀裂ふさぐ)が掲載されました。
  • 2015年1月24日
    日刊工業新聞に研究記事(炭素繊維強化プラ積層板 強度推計モデル開発)が掲載されました。
  • 2014年12月24日
    日刊工業新聞に研究記事(金属亀裂原子レベル修復)が掲載されました。
  • 2014年9月8日
    日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰 (優秀講演論文部門)(題目:マイクロ波伝播理論による繊維強化複合材料内部の層間はく離の定量評価)を受賞しました。
  • 2014年4月1日
    科学技術振興機構、科学技術人材育成補助金 テニュアトラック普及・定着事業 科学技術総合推進費(研究代表者:細井厚志、課題番号:A14801800)に採択されました。
  • 2014年4月1日
    科学研究費補助金・基盤研究(A)(研究代表者:巨陽先生(名古屋大)、課題番号:26249001)に採択されました。研究分担者として参画します。
  • 2014年4月1日
    早稲田大学理工学術院に着任しました。

ABOUT US

構造材料や機能性材料の長期信頼性を確立することを目的として、ナノレベルからマクロスケールに至る材料強度特性や破壊現象を実験と解析により力学的に評価しています。原子間力顕微鏡や透過型電子顕微鏡を用いたナノスケール特性評価から高速度カメラを用いた破壊のその場観察に至るまでの実験的評価、さらに、有限要素法や分子動力学を応用した解析的評価など、マルチスケールアプローチにより材料の健全性・信頼性を評価しています。当研究室に興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。

  • WASEDA University